2014年4月28日月曜日

長期優良住宅化せみなー

 過日お会いした地盤関係者のお話では、昨年の暮れあたりから仕事量の減少が際立ち
はじめたと話されます。建築行程の中で、最も先にくる地盤調査や改良工事は新設着工
状況を一番敏感に反映する業種でもあります。駆け込み需要の反動減の実感は、業主
ごとにバラバラに伝わってゆくものと思われます。前回の消費増税反動減となった平成
8年は、今回のように何ら緩和施策が設けられなかったので住宅業界ひどい状態に
陥りました。仕事の無くなったプレカット工場では毎日機械の保守や工場の掃除に明け暮れ
ておりましたが、しまいには工場敷地の抜く草までなくなり、最後は雇用調整助成金を申請
する企業は少なくありませんでした。また建材店さんの展示即売会で売れ行きの悪い建材
品を補うべく、耐火金庫や健康器具などおかしなものまで扱い涙ぐましい努力でしのいだ
ことが思い出されます。
 8%消費税の次は10%がすぐに控えています。税率が上がるにつれてお得感が増してゆく
のが中古住宅です。住宅の売主が個人であれば消費税納税義務はありません。仕入れに
消費税がかからない中古住宅は不ふう動産屋にとり旨みの大きな商売なのです。不動産屋
にだけに独占させておく手はありませんから、仲介手数料3%を支払っても、中古
住宅を個人間売買すれば現在8%、2015年10月には10%に上がる予定の消費税分が
さらにお得感が増してゆきます。土地には消費税はかかりませんから新築も中古も、注文
住宅も分譲住宅も条件は同じです。中古住宅・リフォームトータルプランで中古住宅市場
拡大への導線が引かれましたが、消費税も中古住宅を後押しているように見受けられます。
 (一社)日本ホウ酸処理協会主催の「長期優良住宅化リフォームセミナー」では、中古
住宅流通に必ず付帯するリフォーム工事とは等の情報が明らかになるものと期待されます。



 
 






 

































 









2014年4月25日金曜日

シロアリはいっぱいいるよ

「ここらあたりにはシロアリはいっぱいいるよ。シロアリ調査なんて言ったってあんたたちも騙してお金を取る輩だろう。」カンザイシロアリ被害調査に神奈川県鶴見区の市街地を歩いていたわたくし達を見咎めて、商店主はすこし怒った口ぶりで声をかけてきまた。わたくし達も建物の木部を指さして、ひそひそ声で録音録画しているのですから怪しまれるのも無理はありません。
 良い防除業者と悪い防除業者の区別は一般に人には分かりません。悪徳業者と思い込んでおられる生活者に向けて正確なシロアリ対策情報をお伝えすることは、なまなかのことではありません。また今回調査を行ったカンザイシロアリ対策ついても生活者の認識違いを実感しました。「うちだけ処理対策を施工しても、隣のおうちもやらなければ意味がない。シロアリはどこからでも飛んできてしまうのだから」と考えておられる生活者は沢山おられるようです。
 カンザイシロアリ駆除並びにボロンdeガード工法で予防対策を実施した住宅に、外部飛来で蟻害を受けることはまれです。再発の多くは処理不能な個所に潜んでいたカンザイシロアリの活動です。カンザイシロア対策は完全駆除までに長期間要することもまれではありません。局所的地域に突発するカンザイシロアリは個人住宅問題から地域の問題へと社会化しているのです。





































































2014年4月22日火曜日

うちエコ診断胎動します

 今年度から「うちエコ診断」が本格的に始動します。診断実施機関と診断士が認定され、家庭内のCo2排出状況を診断し、省エネ対策行動を家庭から削減、抑制してゆこうとする環境省の政策
によるものです。地域別、家族別、ライフスタイル別に家全体のCO2を見える化し、家族に合った対策提案が行われます。うちエコ診断の効果は様々な場面で期待されています。全体構想としてはよいのですが、環境さえよくなれば他のことは少し目をつぶろうとする視野狭窄的な部分がある
のは否めません。給湯エネルギーを減少させる対策として節水型シャワーヘッドに交換するのはよいとしても、温水洗浄便座の利用時間を短縮するのはいただけません。全国数百万の痔疾患者
の症状を和らげた温水洗浄便座の功労を忘れてはいけません。まったく要らん世話です。
 
 
暖房温度の調節なども、温熱環境改善し長期優良住宅化リフォームの推進を目指す政策と足並みが揃ってないと感ずる部分もなくもありません。ともあれエコロジーのうねりは着々と眼前に押し寄せてきています。
 
 
 
 
 
 
 
 エコロジーの面でもホウ酸処理施工ボロンdeガード工法は製造工程が極めて簡素で、省CO2
の優等の製品です。露天で掘られたホウ酸塩を水の溶解するだけ。たいしたエコロジーです。
 
 
 
 
 
 


 
 


ディファクトスタンダード


 先ごろ開催されたパッシブハウスジャパン主催のエネルギーシフトシンポジウムには、日本の省エネ、断熱の専門家、建築家のオールスター勢ぞろいの観がありました。そうそうたるメンバーの講演とパネルディスカッションをお聞きする中から、ディファクトスタンダードとローカライズを強く意識させられることになりました。パッシブハウスは一定の計算式に則り性能か確認された住宅に認証状が発行されます。認証状はドイツでも日本でジャカルタでもどこにあっても共通のルールに基づいた住宅性能を証明します。
一方日本の省エネ住宅、高気密・高気密は差別化工法競争のまま地方化してきました。外断熱対内断熱、パネル化工法対充填工法などをけんけんがくがくの論争が起こったのは、工法自体が目的化しまった結果他なりません。
工法は住宅性能を実現させるための手段です。閉ざされた工法では住宅全体の性能向上に
及ぼす影響は限定されます。
私達が扱うホウ酸処理工法は世界の木材保存処理方法としてディファクトスタンダードな工法です。もっと普及してしかるべき技術であると思うのですが。

2014年4月14日月曜日

  雨降りの明けた翌日お昼頃

だれにも歓迎されない春の風物詩の一つが花粉症、もう一つがシロアリです。共通項はどこかしらから飛んでくるので防ぎようがない性質は、PM2,5と黄砂も同様です。
 5月の連休前にかけて群れをなして飛び立つヤマトシロアリの行動を群飛と呼びます。雨降りの翌日のお昼頃、切り株の多い公園などで沢山観察できます。シロアリも昆虫ですから虫マニアで
お好きの人はたまらんらしく、虫が苦手な方が多い女性陣には理解できない感覚かもしれません。
 
 
 シロアリは羽や糞で住宅屋内に証拠を残しますから群飛がなくとも発見できることがあります。
シロアリはゴキブリのように、病原菌を媒介する衛生害虫ではありませんが、ゴキブリ目シロアリ科に分類されるようにゴキブリの兄弟分ですから、悲鳴を上げさせるだけの実力はたっふりです。
 
 
 
 
 
 シロアリらしき痕跡を発見したらまず写真を撮り然るべき機関なりに相談されることがベターです。この時期シロアリ発生の調査、駆除依頼は一斉に集中しますから、駆除業者さんもなかなか調査だけに宅訪できない事情もあります。ユーザーとしても無料で調査をしてもらったら駆除工事は断りづらい心理的負い目が出てきます。駆除工事の内容や価格比較をしないまま工事を頼んで後で不満が残り、ひいてはシロアリ駆除全体が不振の眼差しを投げられることは、生活者にとっても業界にとっても得るところが少ないと思います。
 
 
 日本ボレイト株式会社に写真をeメールで送っていただれば、電話は又はeメールでアドバイス
を差し上げます。費用は無料です。
日本ボレイト株式会社 http://borate.jp



 

2014年4月11日金曜日

 光陰矢のごとしのIT技術

現代を生き抜くビジネスマンにとり、不可欠のスキルがITと英語力といわれている。英会話スクールは相変わらす繁盛してるし、前年度末は増税とウインドーズXPのバックアップ打ち切りもありパソコン業界は大繁忙を極めていた。IT技術は読み書きパソコンと呼ばれ、基本操作をいまさら聞けない一般的な能力に過ぎなくなっている。始めたばかりのフェイスブックに四苦八苦しているところにユーストリームの実体験する機会がやってきた。3台のカメラを操りながら音声と映写用パワーポイントの資料をミキシングのスイッチで切り替えてゆく。放送の操作をプロの技術者ではなくて、普通の会社員が一人でこなせるのだからIT技術の進化はすごいものがある。技術進化もさることながらマシンをいじる当人の能力もたいそうなものであるのだが。
 大手住宅会社が5年の歳月をかけ開発した床下調査用のラジコンロボットも当日実演されていたが、特段の感想も持つことはなかった。ハイテク機器で仕事をしているというよりおもちゃで遊んでい折る風に見えてしまうのだ。
 もうすぐ廉価な熱探知カメラFLIRONEが日本市場に登場する情報も伝えられた。高額な熱探知カメラが携帯電話機ほどの価格で普及する備えを建築は急ぐ必要があるという。恐るべしIT技術
 
 
 
の速度である。

2014年4月10日木曜日

  プロの領域アマの領分

自由設計注文住宅の醍醐味は、プランやすべての仕様を全て自由に選択できることだとされる。
間取りの検討やシステムキッチンなどの設備機種選択、内装材のカラーコーディネイトは心もはずむ楽しい時間であろう。住宅の仕様決定は施主の嗜好性に属する分野となるため、プロであってもとやかく口を出す部分は少なくなる。良くも悪くも注文住宅は施主の人柄やキャラクターが表れるのが注文住宅であるからだ。これが構造性能に係わる仕様の決定となると小難しい技術用語も出てくるため建築アマの施主にとってあまり面白い作業ではない。あまたある性能工事の中も、木材の防腐・防蟻処理、はまったく関心の薄い分野の筆頭に上げられるかもしれない。建築ジャーナリスト中谷正人に「品質も価値も高いが、価格も相対的に高いホウ酸系木材処理剤をどのように施主に説明していますか」と問われた工務店さんが「当社のベストセレクションとして納得してもらう」と回答され大いに得心した。性能を担保する部材や製品そして工法は多種類存在し、家造りにさける時間は限られる。大工棟梁、大工頭がたくさんいた頃、プロの領域は聖域であった。現代のプロの領域とは説明責任も果たしつつ、施主の時間もセーブしてしてくれる工務店さんであろう。










 
 




 
 
 

2014年4月4日金曜日

シロアリ屋さん


旧知の住宅ライターから「シロアリ屋に入ったんだって」と言われる。

ホウ酸防腐防蟻工法ボロンdeガード工法を販売する日本ボレイト社は、一言で、

わかりやすい言葉で言えば「シロアリ屋」である。私が前職の住宅業界新聞記者の時に工務店さんから「新聞屋さん」と呼ばれる経験をした。建築に携わる専門の職人さんの中で一番上のステイタスに位置する大工は、さん付けの尊称で呼ばれることが多い。他は基礎屋、板金屋というように呼び捨てられることがほとんどで、新聞屋さんには敬意も込められていたのであろう。でも世間一般では新聞配達のことを指すのだけれど。

名は体を現すので社名から仕事の内容を推察できることが極めて重要である。ボレイトは英語でホウ酸塩のことだからあえて日本語標記しようとすると
日本ホウ酸塩株式会社となる。これでも何をする会社であるかはピンと来ない。

 つまりシロアリ屋は簡にして要を得た最もわかりやすい言葉であるのだ。
職業名の接尾に屋を付ける表現は、自嘲や軽蔑用語として放送ではタブーとされる。けれどしっかり儲かる(はずの)ボロンdeガード認定施工店社長さんは、莞爾として「うちはシロアリ屋」を自称してはばからないのである。

2014年4月3日木曜日

楽チンメンテで中古住宅の価値アップ


中古戸建て住宅に係わる建物評価の改善に向けた指針が3月末に公表された。

長期優良住宅普及促進法の施行は2009年の2月。中古流通市場に長期優良住宅が取引されるようになる時期は10年以上も先のことである。築20年超の木造住宅の残存価値を一律ゼロ査定してしまっている現在の不動産市場のままでは

国が掲げる20兆円市場など望むべくもない。そこで長期優良化リフォーム基準を示し、3700万戸ストックの中から埋もれた玉を拾い出そうとする施策だ。

設計図書をチェックする確認検査や性能評価機関によると、南入り北入り、部屋数などの間取りやプランの多少差異はあるとはしても、敷地に制限のある狭小住宅ではほぼ数十プランに集約されるのだという。注文住宅の自由設計や個別性は、中古査定を妨げるものではないらしい。同時期に竣工し、よーいどんで住み始められた住宅が、時間経過を経て大きく差が出てしまう原因は手入れやメンテナンス内容に尽きる。

平均寿命70年、年間500万戸以上が流通する米国の2×4住宅オーナーは

自宅の価値維持のために四六時中家にへばりついているわけではない。
例えば木材の劣化対策に半永久的に効能を発揮するホウ酸を選択するなどちゃっかり手を抜く方法を知っている。実利で誘える中古住宅リフォームの技術の一例だ

test

test